鹿島建設とリコーは、仮想現実(VR)を活用して遠隔地から河川工事現場を管理するシステムに、360°ライブ映像を配信する機能を追加した(図1)。360°映像を反映したVR内に、遠隔地にいる複数人が同時に参加できる。同システムを工場の検査工程にも活用し、移動時間の短縮やスケジュール調整にかかる手間の軽減を実現している。

図1 360°カメラで工事現場を撮影している様子
図1 360°カメラで工事現場を撮影している様子
(出所:鹿島建設・リコー)
[画像のクリックで拡大表示]
鹿島建設とリコーのニュースリリース: https://jp.ricoh.com/release/2021/1220_1/

 多人数が同時にVR空間へ接続できるシステム「リコーバーチャルワークプレイス」(VWP)を利用する。ネットワークにつながったパソコンとVRゴーグル、VWPアプリケーションを使って複数人が同時にVR空間へ入り、それぞれが自由な視点でコミュニケーションできる。VR空間内には、BIM(Building Information Modeling)/CIM(Construction Information Modeling/Management)モデルや3Dスキャナーで計測した点群データなどを反映させられる。両社は21年5月から、国土交通省北陸地方整備局から受注した「大河津分水路新第二床固改築I期工事」(新潟県長岡市)に同システムを導入し、VRを活用した遠隔現場管理を実施している。

 両社はこの遠隔管理システムに、新たに360°カメラ「RICOH THETA」とライブストリーミングサービス「RICOH Live Streaming API」を適用。これにより、360°ライブ映像を基にVR空間内でコミュニケーションできる機能を追加した。

 360°カメラを用いることで、従来のWebカメラの画角では見落とす恐れのあった箇所も確認しやすくなる。加えて、ライブストリーミングによって参加者同士が360°のライブ映像内で自由にコミュニケーションを取れるため、これまでに比べて迅速に合意形成を図れる。さらに、パソコンやタブレット端末からもVRゴーグルを装着した参加者と同じ360°映像を見られるため、より多くの関係者が遠隔参加できる。

 鹿島建設は、本社(東京・港)の一角に同システムの設備一式を常設し、工事現場の360°ライブ映像を配信している(図2)。今後、360°カメラの設置場所を増やし、本社からさまざまな現場の遠隔パトロールを可能にする計画だ。

 同システムは、工事現場の管理だけでなく、工場の遠隔検査にも利用できる(図3)。大河津分水路の工事で使用する鋼殻ケーソン(基礎として使用する大型の箱)は北九州市の工場で製造されており、従来、外観検査のために複数の工事関係者が現地に赴く必要があった。今回は、社員1人が360°カメラとWebカメラを持参して検査の様子をライブ配信し、その他の関係者は遠隔地から検査に参加した。その結果、検査は特段の支障なく完了。移動時間を短縮できたうえ、関係者のスケジュールを調整する手間も省けるなど、生産性の向上を実現したという。

図2 鹿島建設の本社に設置した360°ライブ映像配信設備
図2 鹿島建設の本社に設置した360°ライブ映像配信設備
(出所:鹿島建設・リコー)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 360°ライブ配信映像とWebカメラを併用した遠隔検査の様子
図3 360°ライブ配信映像とWebカメラを併用した遠隔検査の様子
(出所:鹿島建設・リコー)
[画像のクリックで拡大表示]

 両社は今後、同システムのさらなる展開を見据え、必要な実施手順を整備するとともに、設備の耐久性やシステムの操作性を向上させる。現実空間とVR空間が融合したバーチャルコミュニケーションによる遠隔臨場の高度化を追求し、移動時間の最小化と意思決定の高速化を目指すとしている。