トヨタ自動車とトヨタ車のサブスクリプションサービスを提供するKINTO(名古屋市)は2022年1月下旬(予定)、一部車種と一部店舗を対象に、既販車を最新の状態に進化させるサービスの提供を開始する。対象車種は、トヨタブランドの「アクア」「プリウス」「プリウスα」「アルファード」「ヴェルファイア」、およびLEXUSブランドの「UX」「NX」としている()。対象の年式については、サービス開始時にWebサイト(https://factory.kinto-jp.com/)で告知する。

図 既販車を最新の状態に進化させるサービスの対象車種となった「アクア」
図 既販車を最新の状態に進化させるサービスの対象車種となった「アクア」
写真は新型車。どの年式のアクアが対象となるかは現時点では非公表。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 近年のクルマは、先進運転支援システム(ADAS)や電動化などを中心に技術革新が進んでいる。一方、トヨタによれば、既販車の所有期間は長期化しており、最新のクルマと既販車の技術的なギャップは増大してきている。

 両社は既販車に、その後の技術革新に合わせてソフトウエア/ハードウエアの機能やアイテムをタイムリーに反映することで、最新の状態に進化させる取り組みに挑戦する。トヨタが最新の技術を開発し、KINTOは同技術を顧客へ届けるプラットフォームの役割を担う。

 既販車を最新の状態に進化させる方法として、両社は3つのアプローチを念頭に置く。1つは、クルマの基本性能を向上させる「アップグレード」。もう1つは、古くなったアイテムを新品に交換する「リフォーム」。最後の1つが、一人ひとりに合わせてクルマの設定を最適化する「パーソナライズ」である。22年1月下旬には、手始めとして、アップグレードとリフォームの一部のメニューを購入できる新サービス「KINTO FACTORY」を立ち上げる。

 その具体的なメニュー(予定)は、以下の通りである。まず、アップグレードについては、(1)静止物を対象に機能する駐車支援ブレーキ(インテリジェント・クリアランス・ソナー)の後付け、(2)ブラインド・スポット・モニターおよびリア・クロス・トラフィック・アラートの後付け、(3)パワー・バック・ドアのキックセンサーの追加――。一方、リフォームについては、(1)シート表皮およびクッション部分の交換、(2)ステアリングホイールの本革への交換――を挙げる。ただし、車種によって購入できるメニューは異なるとする。

 車種だけではなく、施工に対応する店舗についても当初は絞るが、双方とも順次拡大していく予定である。パーソナライズについても、将来の提供を目指して準備を進めていくとしている。