オーストラリアGraphene Manufacturing Group(GMG)は2021年12月22日、グラフェン(G)とアルミニウム(Al)を組み合わせた「G+Al電池」の2032型(直径20.0mm×厚み3.2mm)コイン電池をパイロットプラントで製造し、世界の先行ユーザーにサンプル出荷したと発表した。同社は同年6月に、「年内にサンプル」といっていたがそれを実行した格好だ。定格電圧は1.7Vだという。

サンプル出荷品。コイン型電池2個とUSB充電器が1セットだとする。
[画像のクリックで拡大表示]
サンプル出荷品。コイン型電池2個とUSB充電器が1セットだとする。
(写真:GMG)
GMGのコイン型セル
[画像のクリックで拡大表示]
GMGのコイン型セル
(写真:GMG)

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。