慶応義塾大学病院と中部電力、メディカルデータカードは、慶応義塾大学病院の糖尿病・肥満症外来(腎臓・内分泌・代謝内科)において、血糖のクラウド管理システムを用いた遠隔診療を開始したと発表した。

画面のイメージ(出所:慶応義塾大学病院、中部電力、メディカルデータカード)
[画像のクリックで拡大表示]

 運用を開始したシステムは、2020年6月に産科外来で開始した遠隔妊婦健診システムに、患者自身の血糖値やインスリンなどの使用量を記録する仕組みを搭載したもの。患者の同意の下で、在宅での血圧や体重、血糖値、インスリン使用量などのデータを医師が遠隔で確認可能になる。将来的には簡易自己血糖測定器と連携し、患者のデータ入力負担の軽減を目指す。

システムの説明図(出所:慶応義塾大学病院、中部電力、メディカルデータカード)
[画像のクリックで拡大表示]

 在宅測定データを遠隔で医師が確認することにより、治療方針変更後の治療効果の確認や、血糖コントロールの状況に合わせた来院時期の調整など、データに応じた対応が可能になる。今後はシステムの改良を進めて、将来的に医療機器メーカーや医療機関の垣根を越えたシームレスなデータ連携遠隔医療システムの構築を目標とする。

 慶応義塾大学病院は内閣府から戦略的イノベーション創造プログラム「AI(人工知能)ホスピタルによる高度診断・治療システム」の研究開発事業を受託しており、その一環で中部電力と共同研究を進めている。今回の取り組みは、その成果の1つとなる。

今回のシステムがつなぐ医療データのネットワーク(出所:慶応義塾大学病院、中部電力、メディカルデータカード)
[画像のクリックで拡大表示]