村田製作所は、車載機器に向けた積層セラミックコンデンサー(MLCC)の新製品を発売した ニュースリリース 。特徴は、静電容量が22μFと大きいことである。定格電圧は+16Vで、外形寸法は3.2mm×1.6mm×1.6mmのいわゆる「3216サイズ」。同社によると、「定格+16V、3216サイズの車載用MLCCでは、業界最大の静電容量を達成した」という。具体的な応用先は、パワートレーンやセーフティー機器などである。

静電容量が22μFと大きい3216サイズの積層セラミックコンデンサー
静電容量が22μFと大きい3216サイズの積層セラミックコンデンサー
(出所:村田製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品の型番は「GCM31CC71C226ME36」。セラミック材料や電極材料を微粒化し、均一な薄膜を成形する技術を改良することで大容量化した。静電容量の誤差は±20%。使用温度範囲は−55〜+125℃。温度特性は、使用温度範囲において静電容量の変化率が±22%のX7S。寿命は、+125℃の最高使用温度、定格電圧の1.5倍の高温負荷試験において1000時間を確認したという。新製品の主な仕様は下表の通り。すでに量産出荷を始めている。価格は明らかにしていない。

新製品の主な仕様
新製品の主な仕様
(出所:村田製作所)
[画像のクリックで拡大表示]