目次

  • 12Vのホットスワップ向けMOSFET、Alpha & Omega発売

     米Alpha and Omega Semiconductorは、+12V電源ラインのホットスワップ(活線挿抜)に向けた電源制御スイッチ用パワーMOSFET「AON32310」を発売した。特徴は、「オン抵抗が低く、安全動作領域(SOA:Safe Operating Area)が広いことにある。

  • ファームウエア攻撃への保護策、FPGAのLatticeが一気通貫で提供

     電子機器のファームウエアへの攻撃に対する保護の仕組みを、FPGAメーカーの米Lattice Semiconductor(ラティスセミコンダクター)が一気通貫で提供する。今回提供を始めるのは、セキュリティー専用回路を備えた同社FPGAをベースにした機器向けのセキュリティーソリューション「Lattic…

  • 電源ラインのサージ保護向けツェナーダイオード、東芝が発売

     東芝デバイス&ストレージは、開閉サージや雷サージ、静電気放電(ESD)から半導体デバイスを保護する用途に向けたツェナーダイオードを24製品発売した。同社によると、「電源ラインなどでは、回路のオン/オフ時に数msに達する長いパルス幅で数十V〜数千Vの開閉サージが発生する場合がある。

  • オン抵抗が50mΩと小さい900V耐圧GaN FET、Transphorm発売

     米Transphorm(トランスフォーム)は、オン抵抗が50mΩ(ゲート-ソース間電圧が+10Vのときの標準値)と小さい、+900V耐圧のGaN(窒化ガリウム) FET「TP90H050WS」を発売した。

  • 「血液で肺がん遺伝子検査」の精度を向上、リコーがDNA標準プレートを開発

     リコーとDNAチップ研究所は共同で、肺がんの遺伝子検査に利用するDNA標準プレート「RICOH Standard DNA Series EGFR mutation Type001」を開発し、2020年8月20日に発売した。

  • トリガーLED電流が少ないフォトリレー、東芝が電池駆動機器向け

     東芝デバイス&ストレージは、ターンオンに必要なトリガーLED電流が1mA(最大値)と少ないフォトリレーを2製品発売した。

  • ユニシス、スマートグラスで設備点検し音声入力で報告書作成

     日本ユニシスは、設備点検業務を支援するサービス「まるっと点検」の機能を強化するとともに、ハンズフリーで報告書を作成できる機能を追加した。デジタル化による作業効率向上や人手不足解消の効果に加えて、作業現場やオフィスの密集・密接の回避も図れる。工場の建屋・機械保全や製造管理の他、マンション・ビル・商業…

  • 耐放射線Arm MCU、米VORAGOがBGAパッケージ封止の小型品

     米VORAGO Technologiesは、放射線耐性の高いArm Cortex-MコアベースMCUの新製品「VA416XX」と「VA108X0」を発表した。同社がこれまでに提供してきた同様なMCUはいずれもQFP封止だった。今回の新製品はどちらも12mm角196ボールのBGAパッケージに封止した…

  • 6μAと低消費電流の車載用DC-DCコン制御IC、ルネサスが発売

     ルネサス エレクトロニクスは、車載機器に向けて、デュアルチャネル(2回路)構成のDC-DCコンバーター制御ICを2製品発売した。2製品の違いは、制御対象のDC-DCコンバーターの種類にある。「ISL78264」は、制御対象が2つとも降圧型DC-DCコンバーター。

  • 1-WireとI2C/SPIのブリッジIC、Maximがリモートセンサー向け

     米Maxim Integrated(マキシム)は、1-WireとI2C/SPIの間を橋渡しするブリッジIC「DS28E18」を発売した。1-Wireは、信号ラインとグラウンドラインの2つのラインで低速データを伝送するバス技術である。

  • GaN on SiCで造るRFパワーアンプ、MACOMが65Wの高出力品

     米MACOM Technology Solutionsは、GaN on SiC技術で製造するRFパワーアンプICを2製品発売した。GaN on SiC技術では、SiC(炭化ケイ素)基板の上にGaN(窒化ガリウム)素子を作り込む。同社は、GaN on SiC技術で製造したRFパワーアンプICの製品ラ…

  • AR/VR端末向けUSB-C PD充電器、Maximが発売

     米Maxim Integrated(マキシム)は、USB Type-C PD(Power Delivery)規格に準拠した充電器の評価キット「MAX77958EVKIT-2S3#」を発売した。同社のUSB Type-C PD制御IC「MAX77958」と、昇降圧型DC-DCコンバーターを使った充電…

  • PCIe Gen4接続の企業向けSSDコントローラーIC、Microchip新製品

     米Microchip Technology(マイクロチップ)は、ホストインターフェースがPCI Express Gen4のNVMe SSD向けコントローラーICの新製品「Flashtec NVMe 3108」を発表した。データセンターなどで使うエンタープライズ用SSDへの搭載を狙う。

  • ENERGY STAR 6.1準拠のスイッチング電源、STMicroが発売

     伊仏合弁STMicroelectronics(STマイクロエレクトロニクス)は、無負荷時の消費電力が150mWと少ない最大400W出力のスイッチング電源(AC-DCコンバーター)モジュール「EVL400W-EUPL7」を発売した。電子機器や建物の省エネに関する米国規格「Energy Star Ve…

  • 発火しにくい産業用Liイオン電池モジュール、村田製作所発売

     村田製作所は、正極材料にLiFePO4(オリビン型リン酸鉄リチウム)を使ったLiイオン2次電池採用のモジュール「MH1701」を開発し、2020年8月に量産を開始する。「オリビン型リン酸鉄リチウムは、結晶構造が安定しており、大きな衝撃や圧力が加わっても発火しにくく、高負荷がかかった場合でも電池性能…

  • スマホに向けたポリマーPTCサーミスター、Littelfuseが発売

     米Littelfuse(リテルヒューズ)は、外形寸法が0.6mm×0.45mm×0.4mmと小さいポリマーPTCサーミスター「zeptoSMDCシリーズ」を発売した。ポリマーPTCサーミスターは、温度が上昇すると抵抗値が高くなる素子で、ポリマー材料を使って製造する。具体的な応用先は、スマートフォン…

  • EV/HEVに向けた定格500VのAl電解コン、ニチコンが発売

     ニチコンは、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)の車載充電器(オンボードチャージャー)に向けたAl(アルミニウム)電解コンデンサー「UYYシリーズ」を開発し、サンプル出荷を始めた。

  • 実装高さが1mmと薄いショットキーダイオード、STMicroが発売

     伊仏合弁STMicroelectronicsは、実装高さが1mmと薄いショットキー・バリアー・ダイオードを発売した。ショットキー・バリアー・ダイオードの一般的なパッケージとして使われているSMAとSMBの実装高さを半分にしたSMA FlatとSMB Flatを開発し、それらを採用した。

  • 5Gテスト機器に向けたRFアッテネーターIC、pSemiが発売

     米pSemiは、第5世代移動通信システム(5G)のテスト機器や計測器に向けたRFデジタル・ステップ・アッテネーター(DSA)IC「PE43610/PE43614」を発売した。同社によると、「新製品の特徴は、周波数帯域や減衰量の誤差、スイッチング時間などの特性が競合他社品に比べて優れている点にある」…

  • イリソ電子、0.8mmと狭ピッチの車載用フローティングコネクターを発表

     イリソ電子工業は2020年7月30日、車載用フローティングコネクター「Z-Move」シリーズの狭ピッチバリエーションとして「10128」シリーズを開発したと発表した。Z-Moveシリーズの「10120」や「10127」はピッチが2.0mmだったのに対し10128では0.8mmとした。基板の省スペー…