目次

  • Infineonが車載MEMSマイク、業界で初めてAEC-Q103に準拠

     独Infineon Technologies(インフィニオン テクノロジーズ)は2021年4月16日(ドイツ時間)に、車載向けMEMSマイクロホン「XENSIV IM67D130A」を発売した。新製品は、車載向けセンサーの信頼性規格「AEC-Q103-003」に準拠する。AEC-Q103に準拠した…

  • AMD、Zen3アーキのデスクトップPC向けMPUにGPU混載品

     米AMD(Advanced Micro Devices)は2021年4月13日(米国時間)に、Zen 3マイクロアーキテクチャーを採るデスクトップPC用MPUの新製品「Ryzen 5000Gシリーズ」の出荷を、OEM向けに開始した。同社のWWWサイトで新製品は紹介されているものの、リテール向けの出…

  • 容量を約2倍に高めた0.1mm厚の積層セラコン、太陽誘電が発売

     太陽誘電は、静電容量が0.47μFと大きく、実装高さが0.1mmと薄い積層セラミックコンデンサーを発売した。同社従来品の静電容量は0.22μFだった。今回は、積み重ねるセラミックシートをより薄く加工することで、静電容量を同社従来品の約2倍に増やした。電子機器に搭載する半導体ICの電源ラインに接続す…

  • ソニーの着るクーラーが第2世代へ進化、吸熱性能を2倍に

     ソニーは2021年4月22日、着るクーラー「REON POCKET」シリーズの最新機種「REON POCKET 2」を同日発売したと発表した。20年発売した初代の「REON POCKET」と比較して、最大冷却レベルの吸熱量を約2倍に高めたとする。複数のアパレルブランドと連携し、機器を取り付ける専用…

  • IntelのRocket Lake-S向けDC-DCコンIC、A&Oが発売

     米Alpha & Omega Semiconductor(A&O)は、米IntelのデスクトップPC用マイクロプロセッサー(MPU)「第11世代 インテル Core Sシリーズ デスクトップ・プロセッサー」(開発コード名:Rocket Lake-S)に向けた降圧型DC-DCコンバーターICを発売し…

  • M1搭載iMacが登場、体積半分で11.5mmと薄い iPad Proにも採用

     米Apple(アップル)は2021年4月20日(現地時間)、自社プロセッサー「M1」を搭載したパソコン「iMac」やタブレット端末「iPad Pro」を発表した。

  • STMicroelectronics、デジタルアイソレーターIC市場に参入

     伊仏合弁STMicroelectronics(STマイクロエレクトロニクス)は、最大100Mビット/秒(Mbps)のデータ伝送速度に対応したデジタルアイソレーターICを発売した。同社がデジタルアイソレーターICを製品化するのは今回が初めて。具体的な応用先は、産業機器でのフォトカプラーの置き換えや、…

  • 電動機器の充電池をマイコンと監視、リコー電子デバイスがIC

     リコー電子デバイスは、4〜7セルのLiイオン/Liポリマー2次電池を直列に接続した電池パックの監視や保護に向けたアナログ・フロント・エンド(AFE)ICを発売した。このICで取得した電池の状態をホストのマイコンに送り、充電や放電の最適化を図って電池を保護する。電動工具や、ロボット掃除機、コードレス…

  • ロームが150V耐圧GaN HEMT開発、2021年9月にサンプル

     ロームは、+150V耐圧のGaNトランジスタ(GaN HEMT)を開発した。サンプル出荷は2021年9月に、量産は22年に開始する予定である。データセンターや無線通信基地局などで使用する+48V入力の降圧型DC-DCコンバーター回路や、無線通信基地局のRFパワーアンプを駆動する昇圧型DC-DCコン…

  • 200W出力電源に向けたGaNモジュール、STMicro発売

     伊仏合弁STMicroelectronics(STマイクロエレクトロニクス)は、最大200W出力の電源回路に向けたGaNモジュールを発売した。2個のGaNトランジスタ(GaN HEMT)で構成したハーフブリッジ回路と、それらを駆動するSiゲート・ドライバー・チップを1パッケージに収めたSiP(Sy…

  • +150℃で使える車載インダクター、村田製作所が1608サイズ品

     村田製作所は、最大使用温度が+150℃と高い積層型インダクターを発売した。外形寸法が1.6mm×0.8mm×0.8mmと小さい「1608サイズ」品である。具体的な応用先は、ADAS(Advanced Driving Assistance System)機器や、車載カメラ、車載レーダー、LiDAR(…

  • 50億個を売ったルネサスのマイコン「RL78」、第2世代品が登場

     ルネサス エレクトロニクスは、16ビットマイコン「RL78ファミリ」の第2世代品を開発し、その第1弾として汎用マイコンの「RL78/G23」を2021年4月13日に発売した

  • ヤマハ発動機、最高350kWのEVモーター開発 スタートアップ需要狙う

     ヤマハ発動機は2021年4月12日、電気自動車(EV)向けに最高出力が350kWの駆動用モーターを開発したと発表した。モーターとギアボックス、インバーターを一体化した電動アクスルに仕上げたのが特徴だ。

  • 曖昧な基準にも対応、「人より速い」ロビットのAI外観検査ロボ

     ロビット(東京・板橋)は、工業製品の外観検査工程向けに人工知能(AI)搭載ロボット「TESRAY S」シリーズを発売した。照明とカメラを備えたロボットアームがワーク表面を撮影し、その画像からAIが欠陥を見つけ出す。

  • オン抵抗が28%低い車載用pチャネルMOSFET、Vishay発売

     米Vishay Intertechnologyは、競合他社品に比べてオン抵抗が28%低いというpチャネル型パワーMOSFETを発売した。オン抵抗は、ゲート-ソース間電圧が−10Vのときに、最大値が17.3mΩ、標準値が14.3mΩ。同社によると「車載機器向けでは、業界で最も低いオン抵抗だ」という。…

  • 産業機器向けに、STが1.5A出力の降圧型DC-DCコンIC

     伊仏合弁STMicroelectronics(STマイクロエレクトロニクス)は、産業機器などに向けた降圧型DC-DCコンバーターICを発売した。入力電圧範囲は+3.5〜38Vと広い。最大出力電流は1.5A。重負荷時の変換効率は標準値で90%が得られるという。+24Vの電源バスを利用する産業機器や、…

  • CISPR 25クラス5をクリア、TIが車載向けDC-DCコン制御IC

     米Texas Instruments(TI)は、2021年4月9日(日本時間)に日本の報道機関向けオンライン説明会を開き、降圧型DC-DCコンバーター制御ICの新製品を発表した。伝導性EMIを大幅に低減したことが特徴で、車載機器の放射電磁ノイズ(EMI)の規制値である「CISPR 25 クラス5」…

  • CAN FD対応の車載用コモン・モード・フィルター、TDK発売

     TDKは、CAN FD(Controller Area Network with Flexible Data Rate)に対応したコモン・モード・フィルター(コモン・モード・チョーク・コイル)を発売した。新製品は磁性材料に2本のラインを巻いた巻線コイルであり、CAN FDを構成する2本の伝送線(差…

  • ルネサス、自社マイコンベースのBLE 5.0通信モジュールを発売

     ルネサス エレクトロニクスは、Bluetooth Low Energy 5.0(BLE 5.0)に準拠した無線通信モジュールの新製品「RX23Wモジュール」を2021年4月6日に発売した

  • 「業界最小」の650V定格SiCダイオード、新日本無線

     新日本無線は、「業界最小サイズを実現した」というSiCショットキー・バリアー・ダイオード(SBD)を開発した。外形寸法が4.0mm×6.5mm×0.9mmと小さいTO-277Aパッケージに封止した製品で、最大定格電圧は+650V、最大定格電流は10Aである。Si材料を使うファスト・リカバリー・ダイ…