業務システムのクラウド移行が進む一方、オンプレミスのサーバー環境ではHCI(ハイパーコンバージドインフラ)の導入も進んでいる。SAN(Storage Area Network)やIaaS(Infrastructure as a Service)と比較したコストメリットが注目されがちだが、HCIはストレージも含めたサーバー環境全体に変化をもたらす可能性がある。

従来のサーバー構成とHCIの違いをおさらいする

 既に周知の事柄ではあるが、従来のサーバー構成とHCIの違いを確認しておこう。下図が示すように従来のサーバー構成では複数のサーバーハードウエアがストレージ機器を共有し、ネットワーク機器がそれらを結んでいた。

[画像のクリックで拡大表示]

 サーバーで行う計算処理はサーバーハードウエアを増強することで対処できるが、ストレージ機器にはデータアクセスが集中する。そのため磁気ディスクとフラッシュメモリーを併用した「ハイブリッドストレージ」や、利用頻度に応じて複数種類のディスクにデータを配置する「階層化ストレージ」など、様々な工夫がなされている。

 一方、HCIではサーバーハードウエアに内蔵されたディスク/メモリーにデータが格納され、HCI基盤ソフトウエアがデータの配置/共有を制御する。サーバーハードウエアとHCI基盤ソフトウエアのシンプルな構成によって、大容量のデータや高頻度のアクセスに耐える分散/並列のサーバー構成を実現したものがHCIというわけだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。