多くの企業にとって、ERPは事業活動の中核を担う重要な業務システムの一つであり、その歴史は他の業務システムと比べても古い。しかし、昨今ではERPの在り方にも変化が起きている。特に大企業と中堅・中小企業では、今後ERPが歩む道に大きな違いが生じる可能性がある。

 まず、「ERP(Enterprise Resource Planning)とは何か」を改めて整理しておこう。業務システムには役割に応じて様々な分野がある。例えば、メールやグループウエアのように情報共有を担うものは「情報系」と呼ばれる。一方、企業活動の根幹を成すものは「基幹系」と呼ばれ、以下のようなものがある。

【会計管理】 財務会計や管理会計
【販売・仕入・在庫管理】 見積、売上、請求、調達、仕入、棚卸の管理
【給与・人事・勤怠・就業管理】 給与、組織、配属、福利厚生、勤務状況の管理

 上記の複数の基幹系システムを統合したものがERPである。業種や用途によってはERPが下記のような要素を含むこともある。

【生産管理】 製造業における部品表や製造工程の管理など
【ワークフロー】 業務における申請/承認の流れや、複数システム間の業務連携の管理
【CRM】 営業支援システム(SFA)やマーケティングオートメーション(MA)などを含めた顧客情報や顧客接点の管理

 大企業においては基幹系システムがERPへと統合され、業務システムの中核を成す基盤として進化していった。一方、中堅・中小企業では会計管理や販売・仕入・在庫管理などの個々の基幹系システム導入は進んだものの、それらを統合したERPが広く普及する状況には至っていない。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。