働き方改革にはいくつかの側面があるが、会社ぐるみでテレワークなどを導入するには「コストが見合わない」「職種が合わない」といったケースも出てくる。また、自宅勤務や移動中の作業を推奨するにしてもそれなりのノウハウが必要だ。それらは「キーマン」になる人が自社の働き方や職種、仕事内容を考えてアレンジし、訴求するしかない。この連載では、そんな働き方改革のキーマンになるためのノウハウを多数紹介する。

 バックナンバーはこちらをご覧ください。

戸田 覚(とだ さとる)
戸田 覚(とだ さとる) 1963年生まれのビジネス書作家。著書は150冊以上に上る。パソコンなどのデジタル製品にも造詣が深く、多数の連載記事も持つ。ユーザー視点の辛口評価が好評。近著に、『仕事がサクサク終わって早く帰れる 自働大全 驚きのスマホ&PC活用法で』(KADOKAWA)がある。