「Excelの使いこなし術」の第2回は、超絶便利な「アドイン」を紹介する。アドインは、Excelの標準機能として用意されているのだが、実はほとんど知られていない。早い話が「Excelに新しい機能を追加できる」機能がアドインなのだ。

 まるでスマホアプリのように数多くのアドインが用意されており、自由に選んで利用できる。無料のアドインのほか課金が必要なものもある。アドインによって当たり外れもあるが、有料タイプは試用版が用意されている場合があるので試してから購入するとよい。

 会社のキーマンであるITリーダーの皆さんが、自分の企業や職種に合ったアドインを調べて、他のメンバーに提案すれば感謝されるはずだ。まだ使ったことがないなら、ぜひトライしてほしい。

 まずは、Excelのメニューからアドインを調べて追加していこう。

まずは、Excelの「挿入」タブにある「アドイン」欄の「アドインを入手」をクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]
かなりの数のアドインが用意されている。気になったアドインが見つかったら「追加」ボタンを押そう。
[画像のクリックで拡大表示]
追加したアドインは、先に紹介した「挿入」タブの「アドイン」欄にある「個人用アドイン」ボタンを押すと表示される。
[画像のクリックで拡大表示]
アドインの中には、メニュー領域に直接起動ボタンが追加されるものもある。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。