2019年9月にiPhone 11シリーズが登場し、例年通り話題になっている。そこで今回は、「iPhone 11 Pro」をビジネス視点でレビューしていく。なお、筆者のメインスマホは「iPhone 11 Pro Max」だが両モデルの基本機能は同じだ。ちなみに「iPhone 11」はディスプレイが有機ELではなく液晶タイプなので、いくつか機能が異なる。

新登場の「iPhone 11 Pro」(左)。右が一回り大きい「iPhone 11 Pro Max」。

 iPhoneは、平日も休日も持ち歩くパーソナルツールだ。言うまでもなく仕事中も活用する。仕事目線で役立つ新機能や性能アップのポイントをピックアップして紹介しよう。

 まず、新モデルなので処理性能が向上している。チップは「A13 Bionic」で、全スマートフォン(スマホ)の中でも最高クラスの性能を誇る。具体的には、メールのチェックやWebサイトの閲覧がテキパキと行えるし、比較的処理が重いMicrosoft Officeアプリもサクサク動く。このあたりは、ある意味当然なので詳細説明は省くことにする。今回は、もう少しニッチながら、より仕事に役立つポイントを取り上げていきたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。