「仕事にWindowsパソコンは必要不可欠。スマートフォン(スマホ)やタブレットなんかで仕事ができるか!」と言われていたのも過去の話。最近は様相が変わってきた。米アップルの「iPad」に搭載されている新OSは非常に使い勝手が良く、各種機能も考え抜かれている。用途によってはパソコンよりも便利だ。今回は、ビジネス活用の視点でiPadの魅力を紹介する。

 iPadは、2019年9月に新モデルが登場した。名前が「iPad」なのでわかりづらいが第7世代の新型で、10.2インチのディスプレイを採用したスタンダードモデルである。このモデルの最大の魅力は価格面だ。3万4800円からとiPadシリーズとしてはかなり安価なので、モバイル端末を未導入の企業などで社員に配布する機運が高まりそうだ。

 筆者は「iPadがWindows搭載モバイルノートよりも仕事に向いているから置き換えよ」と言うつもりはない。しかし、ライトな使い⽅なら、Windows機と同等か逆に優れている点も多い。何よりこの安さは衝撃的だ。会社のキーマンであるITリーダーの皆さんは、今こそ新型iPadの特徴を把握しておくべきだ。

新登場のiPad(10.2インチ)は、3万4800円からと非常に割安だ(Smart Keyboardは別売り)。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。