NECパーソナルコンピュータは2021年1月19日、個人向けノートパソコンの春商戦向けモデルを1月21日以降順次発売すると発表した。ビジネスパーソン向けのモバイルノート「LAVIE Pro Mobile」と学生向けモバイルノート「LAVIE N12」の2機種は、外出先で紛失を予防したり、紛失した際にBluetoothで探したりできる機能を搭載した。

「LAVIE Pro Mobile」。忘れ物を予防・捜索するため、スリープ時でもBluetoothの電波を5~6時間出し続ける機能を追加した
(出所:NECパーソナルコンピュータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Bluetoothタグで忘れ物の予防・捜索ができるIoT(インターネット・オブ・シングズ)サービス「MAMORIO」に対応し、モバイルノートの本体からBluetoothの電波を定期的に発信する。ユーザー本人のスマートフォンとひも付けておき、数十~100メートル程度離れると置き忘れの可能性があると警告する。また紛失した際は、鉄道各線の忘れ物センターに設置してある端末やMAMORIOを利用している他のユーザーのスマートフォンなどを介し、モバイルノートのありかを捜索できる。Windows 10の「モダンスタンバイ」によって、電源がオンのときだけでなくスリープ状態でも5~6時間はBluetoothを稼働してMAMORIOの識別信号を発信し続けるという。

 このほか、LAVIE Pro Mobileは新型コロナウイルス禍の長期化によるテレワークの普及を受けて機能を強化した。具体的には(1)オンライン会議時に複数の話者の音量を均一に補正する機能(2)Outlookの予定表に登録した会議予定の確認やTeams、Zoom、Google Meetの起動などを音声操作で可能にするAIエージェント機能(3)6ギガヘルツ未満(Sub6)の5G(第5世代移動通信システム)によるデータ通信機能――などを新たに搭載した。