米マイクロソフト(Microsoft)は2022年1月18日、米ゲーム大手のアクティビジョン・ブリザード(Activision Blizzard)を買収すると発表した。買収額は687億ドル(約7兆8700億円)で、マイクロソフトのM&A(合併・買収)として過去最大とみられる。端末をまたいで有力ゲームを提供する体制を整備すると共に、仮想空間の「メタバース」に関連する事業を強化する。

 規制当局やアクティビジョンの株主の承認を前提に、2023年の買収完了を目指している。1株当たり95ドルで取得し、全額現金でまかなう。今回の買収により、マイクロソフトは中国の騰訊控股(テンセント)やソニーグループに次ぐ世界第3位のゲーム会社になるとしている。

 アクティビジョンは「Call of Duty」や「Warcraft」などの有力ゲームを抱えており、eスポーツ関連にも強みを持つ。マイクロソフトのサティア・ナデラCEO(最高経営責任者)は今回の買収に関して、「ゲームはメタバースのプラットフォーム開発において重要な役割を果たすだろう」とコメントした。