日立製作所は2022年1月24日、JP1 Cloud Serviceの新サービス「JP1 Cloud Service/Operations Integration(Ops I)」を3月31日に販売開始すると発表した。SaaS型の運用統合プラットフォームであり、企業内でサイロ化しているシステムの運用を標準化したり要員を共通化したりする機能を備える。

JP1 Cloud Service/Operations Integrationの概要
JP1 Cloud Service/Operations Integrationの概要
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 運用標準化に当たっては運用のコード化を推進。Ops I上で運用作業をソフトウエアコードとして記述し再利用可能にする。具体的には、ワークフローやプレイブック、チェックリストなどから成る「運用シナリオ」を運用項目ごとに用意し、そのバージョンを管理しながら活用する。

 「まずは新システムで運用のコード化を実践し経験値を高めてほしい。そのうえで、既存システムに対しては段階的な適用が現実的だ」。日立製作所 サービス&プラットフォームビジネスユニット IoT・クラウドサービス事業部 運用マネジメント本部の黒瀬秀人主任技師は、運用コード化への取り組み指針をこう説明する。

 システムで発生する各種イベントに対して、エスカレーションの要否などをAI(人工知能)が判断する機能も用意する計画だ。「デジタルオペレータ」と呼ぶもので2022年度に搭載予定である。

 運用要員の共有化では、保有スキルや経験値などを定量化して管理することで作業割り振りの最適化や人材育成に役立てる。

 そのほか、運用作業を実施した「証跡」を収集、管理して運用統制を強化する機能も備える。ISOやFISCといった規格の要求事項と運用の実施状況をひも付けて管理し、運用品質の向上を図る。