ジャストシステムは2019年12月4日、都内で新製品発表会を開き、日本語ワープロソフト「一太郎2020」や日本語入力システム「ATOK」の最新バージョンを発表した(写真1)。2020年2月7日に提供開始する。

写真1●ジャストシステムが「一太郎2020」やATOKの最新版を発表(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

スマホ用メモアプリ「一太郎Pad」

 一太郎については、ジャストシステム ソリューションストラテジー事業部 企画開発グループの佐々木孝治氏が登壇、説明した(写真2)。「一太郎は2020年に35周年を迎える。ユーザーの要望をフィードバックする信頼関係が一太郎の財産であり、進化を続けられる理由だ」と振り返った。

写真2●ジャストシステム ソリューションストラテジー事業部 企画開発グループの佐々木孝治氏
[画像のクリックで拡大表示]

 最新バージョン「一太郎2020」の提供に合わせて、新たにスマートフォン用のメモアプリ「一太郎Pad」を発表した(写真3)。スマホとタブレットに対応したアプリとして、iOS版とAndroid版を2020年2月7日に無償提供する。

写真3●スマホ・タブレット用メモアプリ「一太郎Pad」
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴としてスマホで撮影した写真からテキストを認識して抽出する機能を搭載。紙の文書のデジタル化やレポート作成に活用できるという。全角スペースや三点リーダーの入力ボタン、誤入力したテキストの補正など日本語入力の支援機能も備える。

 Windows用の最新版「一太郎2020」には、ふりがなを自動入力する機能を搭載。配布資料やスピーチ原稿などに活用できるという(写真4)。

写真4●一太郎2020の新機能
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。