東京システムハウスは2021年2月24日、企業システムのレガシーマイグレーションをローコード開発で支援する「レガシー to Wagby 支援サービス」を同年3月1日から開始すると発表した。システム更改時に必要な現行資産の解析やローコード開発に必要なリポジトリーの設定、COBOL資産のJava移行などを支援する。

レガシー to Wagby 支援サービスのイメージ
レガシー to Wagby 支援サービスのイメージ
(出所:東京システムハウス)
[画像のクリックで拡大表示]

 同サービスは東京システムハウスと日立製作所、ジャスミンソフトの3社が提供するサービスを組み合わせる。具体的には、東京システムハウスのレガシーマイグレーションサービスである「メインフレーム・マイグレーション・サービス(MMS)」と、ジャスミンソフトのローコード開発プラットフォーム「Wagby」、日立製作所の現行資産を可視化するサービス「Application Lifecycle Managementサービス(ALMサービス)」および「アジャイル開発コンサルティングサービス」である。

 レガシー to Wagby 支援サービスには(1)現行資産解析、(2)アジャイル開発導入支援、(3)COBOL-Java移行支援、の3つのメニューがある。(1)は日立製作所のALMサービスと東京システムハウスのMMSを連携して、レガシーシステムの資産を解析し、プログラム資産を棚卸ししたり、プログラムの仕様を可視化したりする。

(2)は日立製作所のアジャイル開発コンサルティングサービスを活用するものだ。日立の技術者がアジャイル開発の導入から定着までを支援する。(3)は現行資産の業務ロジックをWagbyで再利用するため、COBOL資産をJavaにリライトするオープンソースソフトウエア「opensource COBOL 4J」のテクニカルサポートを提供する。