JP1/IM2のトレンド情報画面、CPUやメモリーといったITリソース状況の分析ができる
(出所:日立製作所)

記事へ戻る