KDDIは2021年2月25日、オンライン手続きに特化した新料金ブランド「povo(ポヴォ)」の開始日を3月23日にすると発表した。同時に詳細なサービス仕様も公表した。

 povoは、契約申し込みからサポートまでオンラインでのみ受け付けることで既存ブランド「au」に比べ割安な料金にした新ブランド。月額2480円(税別、以下同)で最大20ギガバイトまで高速データ通信が可能だ。

 KDDIが今回、開始日とともに公表したのは付加サービスや割引サービスなどの取り扱いだ。例えばpovoでは留守番電話を利用できず、au回線の月額料金を一定額割り引く「家族割引プラス」のグループ人数としてカウントされない。家族間の通話やSMSを無料にする「家族割」も適用外だ。これらは従来の「au」ブランドで提供していたが、格安ブランドのpovoではサービス内容に差を付けた格好だ。ただしpovoでも、2021年夏までに契約すれば特典として家族割プラスのカウント対象に含めるという。

 またSMS送信料は1通当たり3円で、開始時期は未定ながら国際ローミングサービスを提供することも明らかにした。

 携帯大手のオンライン専用プランを巡っては、ソフトバンクが「LINEMO(ラインモ)」を3月17日、NTTドコモは「ahamo(アハモ)」を3月26日に始めると発表済み。KDDIも競合2社とほぼ同時期の提供開始となった。最低料金はKDDIとソフトバンクが月額2480円で並び、1回5分以内の電話かけ放題を含めると月額2980円でドコモを含めた3社で同額となる。春商戦は3社とも従来より割安のオンライン専用プランを打ち出し、激しい契約獲得競争を繰り広げることになりそうだ。

 もっとも、詳細なサービス仕様は異なる。例えばNTTドコモは、ahamo契約者を「ファミリー割引」のグループ人数にカウントする。KDDIは1回あたり200円を支払うと、支払い後の24時間に限りデータ通信し放題とするなど、きめ細かいオプションを用意する。ソフトバンクは対話アプリ「LINE」のチャットや通話などの通信を月20ギガの通信容量に含めない。これらの新プランへの変更に当たっては、従来プランとの仕様の相違や3社間の違いも十分検討する方がよいだろう。