ローソンは2020年2月18日、レジで決済せずに買い物できる「レジ無し店」を2020年夏にも都内で一般公開すると発表した。記者会見で同社の牧野国嗣理事執行役員オープン・イノベーションセンター長は「レジに並ばずに済む買い物体験をお客さまに提供すると同時に、店舗スタッフの省力化を実現する」と意気込みを語った。

牧野国嗣理事執行役員オープン・イノベーションセンター長

 レジ無し店で買い物するには、事前登録済みの専用スマホアプリが必要となる。客はアプリに表示させたQRコードで認証して入店。購入したい商品を客が手に取ると、天井に設置した複数のカメラと、商品棚に取り付けた重量センサーで客と商品の動きを検知する。「どの客がどの商品を手に取ったか」をAI(人工知能)システムが判別。客が商品を手にしたまま退店すると、アプリで自動的に決済する。

入店時にスマホアプリに表示したQRコードで認証する。試験段階のアプリには「Lawson Go」のロゴが表示されている
[画像のクリックで拡大表示]

 一般公開に先駆け、ローソンは富士通と共同で実証実験を手掛ける。2020年2月26日から5月25日までの3カ月間、富士通の開発拠点である「新川崎テクノロジースクエア」内に小型の実験店舗を設置して、同拠点で働く富士通グループの従業員約3000人に限定公開する。

 実証実験では入店時の認証に富士通研究所が開発した、手のひら静脈と顔情報による認証技術「マルチ生体認証」も使えるようにした。システム面での課題を洗い出すほか、売り上げの推移や客の声を検証し、一般公開に役立てる考えだ。