東北地方で2022年3月16日の深夜に発生した最大震度6強の地震の影響により、携帯電話回線網や一部のデータセンターに被害が生じている。

 NTTドコモは3月17日午前9時30分時点の状況として、地震の影響による停電及び伝送路の故障などにより、福島県二本松市、福島市の一部地域で携帯電話サービスが使えなかったり、つながりにくかったりしていると発表した。午前5時時点では南相馬市と伊達市も影響を受けていたが現在は復旧している。地震発生直後に発生したネットワークの混雑は同日朝までに解消しているという。

 KDDIでは停電の長時間化によって基地局のバッテリーが枯渇し、3月17日午前5時以降に相馬市と南相馬市の一部で影響が出ている。ソフトバンクも停電の影響で同日午前5時ごろから宮城県白石市、村田町、川崎町、福島県相馬市、南相馬市の一部地域がつながりにくくなっている。楽天モバイルも同日午前7時ごろから停電の影響が生じた。宮城県、福島県の一部地域で通話・データ通信が利用しづらい可能性がある、としている。

 一方、NTT東日本の固定電話回線とインターネット回線に障害は出ていない。「停電の影響を受けている設備はあるものの非常用電源で賄っているため、今後停電が長期化しない限りはお客さまに迷惑をかける状況ではない」(広報)としている。

 データセンター関連では、GMOグローバルサイン・ホールディングスが運営する法人向け共用レンタルサーバー「iCLUSTA+」を利用している全ての顧客について、地震に伴う停電によりWeb表示やメールの送受信ができなくなっていると発表した。

 原因はデータセンターの電源障害で、障害発生時刻は3月16日午後11時51分ごろ。3月17日午前10時40分現在、電源障害は復旧し、ネットワーク機器やストレージ機器の起動および動作確認は完了したものの、サーバーの再起動を続けている。

 ソフトバンクは系列のIDCフロンティアが福島県白河市で「福島白河データセンター」を運営しているが、3月17日朝の時点で停電の影響はなく通常通り稼働しているという。