オンライン家計簿サービスを運営するZaim(ザイム)は2020年4月6日、新型コロナウイルス感染拡大による休業の手当や支援金を自動で試算するWebサービス「手当・支援金シミュレータ」を公開した。無料で利用できる。

Zaimの「手当・支援金シミュレータ」
(出所:Zaim)
[画像のクリックで拡大表示]

 サービスでは、年収、雇用形態、子どもの有無・通学状況の3項目を入力する。Zaimの家計簿サービスを利用している場合、年収のデータは自動で取り込める。雇用形態で会社員を選んで試算すると、新型コロナに感染して治療を受けたり休業したりする場合に受け取れる可能性がある「傷病手当金」と「休業手当」の金額の目安が表示される。

 フリーランスなどの個人事業主の場合は、貸付金などの公的制度の詳細を表示する。今後政府が検討している会社員や個人事業主向けの支援金制度が具体化した場合は、速やかに内容を追加・変更する予定だという。

Zaimの「手当・支援金シミュレータ」