富士通は2021年4月15日、車両に搭載したドライブレコーダーなどの映像情報を、コストを抑えながら活用できる新サービス「Digital Twin Collector」の販売を4月22日に始めると発表した。損保会社の事故解析や、自動車メーカーによる自動運転向け高精度地図の作製といった用途を想定する。

 同社によると、コネクテッドカーの増加やドライブレコーダーの普及で車載カメラの映像利用が事故解析、交通情報など様々な分野に広がる一方、膨大な映像ビッグデータの収集・蓄積にかかるコスト増大が課題になっているという。

 Digital Twin Collectorでは、車両のIDや場所、日時、車速などのメタデータをあらかじめ収集。例えば損保会社が事故を解析したいときだけ、メタデータを基に事故車両や周辺車両の映像データを車載カメラなどから複製して提供する。すべての映像データを収集・蓄積する場合に比べ、管理・通信コストを半分ほどに抑えられるのが特徴だ。

 利用環境の構築にかかる費用は150万円(税別、以下同じ)から。別途、基本サービス(10万台から契約可能)の費用が1台当たり月額2円から、データアクセス1件当たり0.2円の従量料金などがかかる。2026年3月期までの5年間で累計20億円の売り上げを目指す。