日立ソリューションズは2022年4月19日、サプライチェーン全体の二酸化炭素(CO2)排出量をシミュレーションできるサービスを2022年4月20日から提供すると発表した。企業のESG(環境・社会・企業統治)に対する取り組みを評価する傾向が投資家や消費者の間で強まっている。製造業を中心とした脱炭素への意識の高まりに対応する。

 需給量の変動や生産・販売施策を組み合わせた複数のシナリオで利益やコストを比較して、最適な生産・販売計画を立てられる「グローバルSCMシミュレーションサービス」の最新版に、「CO2算定シミュレーション機能」を追加する。

 仮想空間上にサプライチェーンを再現し、数理解析に基づく計算モデルを使って原材料や調達経路、生産工程、設備、販売・輸送経路などにおけるCO2排出量を試算する。製品や部品当たりのCO2排出量を試算できるほか、設定したCO2排出量上限を満たしつつ売り上げや利益を最大化する生産・販売案を導ける。