日立製作所は2020年4月22日、中小企業向けに仮想デスクトップ(VDI)環境の構築や運用を支援するサービスを期間限定で無償提供すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、テレワークを推進する企業の環境整備を後押しする。

「かんたんPrivate DaaS支援パック」の概要図
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 サービスの名称は「かんたんPrivate DaaS支援パック」。ユーザー数が20から1000までの中小企業を対象に、日立が利用企業ごとに専用のVDI環境を構築して運用支援する。新規の年間契約をした企業を対象に、利用開始から2021年3月までの期間内で最大半年間のサービス利用料を日立が負担する。最低利用期間は1年間。年単位で契約する。

 DaaS(デスクトップ・アズ・ア・サービス)とはクラウド上に構築したVDI環境をサービスとして利用する仕組み。VDIではOSやアプリケーション、データなどをサーバーに集約して利用端末のPCに配信する。利用者側のPCの機能を最小限に抑えることでコストを抑えたり、PCにデータを残さないため安全性の高い運用ができたりする利点がある。

 日立は2004年からVDIの導入を進めており、2020年3月末時点で約13万人の社員が利用しているという。同社の三國潤ITプロダクツ統括本部プロダクツサービス&ソリューション本部HCIソリューション統括部主任技師は「サーバー集約率の適正化など、自社で培ったノウハウを生かして迅速かつ安全なVDIサービスを提供する」と話す。