MS&ADインシュアランスグループホールディングスは2021年4月26日、自賠責保険の解約書類の入力業務にAI(人工知能)を組み込んだ OCR(光学的文字認識)を導入したと発表した。東証マザーズ上場のAIスタートアップ、AI inside(AIインサイド)が提供するAI OCR「DX Suite」を活用した「計上業務自動化フロー」を開発。人手による書類の入力作業を自動化して、年間約4万時間の業務時間削減を見込むという。

 この4月に利用を始めた。自賠責保険業務の担当者は同フローに基づき、全国から送られる解約手続き書類(自動車損害賠償責任保険承認請求書)をまずPDFに変換し、DX Suiteでテキストデータを抽出する。RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用し、それらのデータを傘下の三井住友海上火災保険およびあいおいニッセイ同和損害保険のオンライン入力画面に自動入力して解約処理を進める。

 AI OCRによる帳票識別や手書き文字の自動認識だけでなく、漢字表記に基づくフリガナの作成、住所や名前、振込口座欄に押印するゴム印の処理も自動化した。帳票の種類の多さや内容の複雑さが自動化への課題となっていたが、DX Suiteの持つ自動仕分け機能「Elastic Sorter」を活用し、読み取りを可能とした。

計上業務自動化フローのイメージ
計上業務自動化フローのイメージ
(出所:MS&ADインシュアランスグループホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 今後も業務効率化のため、システム化していない口座振替依頼書などの申込書類へのフロー適用を検討するという。