NTTデータとNTTは2022年5月9日、海外事業を統合すると発表した。両社は2022年10月に共同出資で海外事業会社を設立する。併せてNTTはNTTデータとの連携強化を狙い、1000億円を上限にNTTデータの株式を取得する形で追加出資する。

 海外事業の統合は大きく2段階で進める。まず2022年10月にNTTデータとNTTの共同出資で海外事業会社を設立する。出資比率は最終的にNTTデータが55%、NTTが45%となる見込みだ。次に2023年7月に、NTTデータが持ち株会社体制に移行し、持ち株会社の傘下に国内事業会社と海外事業会社をぶら下げる形とする。

海外事業統合の流れ
海外事業統合の流れ
(出所:NTTデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 記者会見でNTTの澤田純社長は今回の海外事業再編により、コンサルティングからIoT(インターネット・オブ・シングズ)端末、クラウドまで「フルスタックで提供できる体制を整えたい」と語った。NTTデータの本間洋社長は「ITとコネクティビティーを融合したサービスをトータルで提供する企業に進化する」と話した。

記者会見に臨むNTTの澤田純社長(左)とNTTデータの本間洋社長
記者会見に臨むNTTの澤田純社長(左)とNTTデータの本間洋社長
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]