日立製作所は2022年5月16日、ベトナムにおける新たな金融サービスの確立に関して、国営のVietnam Post(ベトナム郵便)や消費者金融の VietCredit Finance Company(ベトクレジット)と協業を始めると発表した。ベトナム郵便の拠点に、個人向けローンの申し込みや契約ができる日立のタブレット型自動契約端末を設置する。

「C-ACM」を活用したサービスの利用シーン
「C-ACM」を活用したサービスの利用シーン
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 2022年5月から、ベトナム郵便の40拠点で、日立のタブレット型自動契約端末「C-ACM」の導入を始める。ベトクレジットがC-ACMを活用し、個人向けローンの申し込みの受け付けから契約までできるサービスを提供する。今後はベトナム全土に展開するベトナム郵便の拠点に同サービスを拡大することを目指す。

 ローンの申し込みに際しては、タブレットの通話機能を活用し、利用者とベトクレジットのオペレーターをつなぐ。タブレットで本人確認書類を撮影し、オペレーターがその場で申し込み情報を確認・修正して、書類の再提出などの手戻りの発生を防ぐ。審査には、日立のAI(人工知能)である「Hitachi AI Technology/Prediction of Rare Case(AT/PRC)」を使う。