シャープは2021年5月17日、Androidスマートフォンの新製品「AQUOS R6」を発表した。NTTドコモとソフトバンクが6月中旬以降に発売する。

 特徴はドイツLeica Camera(ライカカメラ)との協業による1インチセンサーのカメラを搭載した点だ。ディスプレーには自社開発の有機ELを採用するなど、シャープは「渾身(こんしん)のフラグシップモデル」と位置付ける。

AQUOS R6
AQUOS R6
(出所:シャープ、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

センサーやレンズなどをライカと共同開発

 カメラの開発に当たってはライカと長期的なパートナーシップを締結。センサー設計やレンズ設計、画質調整など多岐にわたって共同開発を進めたという。

 本体背面のカメラには約2020万画素の1インチセンサーを搭載。シャープはスマホ最大級とする。薄いスマホに高い屈折率のレンズを搭載すべく、ライカと共同でF値1.9、焦点距離19ミリメートルの「ズミクロン」レンズを開発したという。

1インチセンサーカメラを搭載
1インチセンサーカメラを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 大型センサーにより、一般的なスマホよりも浅い被写界深度で、一眼レフのようなボケ味を楽しめるという。薄暗い水族館や日陰、逆光といったシーンでの撮影が特に優れるとする。

AQUOS R6による作例
AQUOS R6による作例
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。