KDDIとグーグル・クラウド・ジャパンは2022年5月18日、3DCGやボリュメトリックビデオ(3D映像)で衣服を紹介するアパレル業界向けソリューション「XRマネキン」を開発したと発表した。消費者は店舗のデジタルサイネージ、手元のスマートフォンなどで仮想空間上のモデルや3Dスキャンした人間の高精細な映像を見て商品を購入できる。22年中の実店舗導入を狙う。

XRマネキンの利用イメージ
XRマネキンの利用イメージ
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
XRマネキンが着用する実際の衣服
XRマネキンが着用する実際の衣服
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 XRマネキンの特徴として、クラウドレンダリングの適用が挙げられる。具体的にはGoogle Cloudの「Immersive Stream for XR」を利用し、クラウド側のGPUでXRマネキンの描画処理を実行。5G(第5世代移動通信システム)によって端末のブラウザーなどに高精細な映像を配信する。端末側の負荷が軽いため、処理能力の低いデバイスでも利用が可能だ。

クラウドレンダリングのイメージ
クラウドレンダリングのイメージ
(発表会資料を日経クロステックが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 グーグル・クラウド・ジャパンの佐藤聖規カスタマーエンジニアリング技術本部長はXRソリューションの課題として「ユーザー(消費者)はXRコンテンツを見るのに専用アプリを導入したり、高性能な端末を用意したりする必要があった。開発者も端末メーカーなどに応じてテストが求められた」と語り、これらの課題をImmersive Stream for XRで解決でき、より手軽にXRコンテンツを利用できるようになるとした。

 KDDIの上月勝博パーソナル事業本部サービス統括本部5G・XRサービス企画開発部長によると、「すでにXRマネキンは商品企画から販売までのサプライチェーン全体で10社ほどの引き合いがある」という。

 さらに上月氏は「アパレル市場は30年間で3分の2に縮小する一方で、商品数が2倍近くに増えている」と指摘。XRマネキンの利用を介し、衣服の設置場所が限られた店舗で数多くの商品を紹介できるようにするとともに、消費者がより手軽に衣服のデザインなどを確認できるようにしていきたいと抱負を述べた。アパレル業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)化につなげる考え。