セイコーホールディングス傘下でITサービスを手掛けるセイコーソリューションズは2021年5月19日、市販のドライブレコーダーの録画データから人工知能(AI)が事故状況を分析し、双方の過失割合を判定する新サービス「事故状況推定システム」の提供を始めると発表した。事故状況の判定を自動化し、迅速な事故解決を支援する。損害保険会社や共済のうち、既に複数社が同サービスの導入を検討しているという。

 これまで事故状況を判定するスキルが属人化しており、判定に時間がかかるのが課題だった。同サービスはドライブレコーダーの録画データをAIで分析する。映像内の「交差点の形態」「自分の車・相手の車の進行方向」「信号機の有無・色」を識別し抽出。過去の裁判事例を基に作成した判例のデータベースと照合し、事故形態、基本的な過失の割合、事故状況図を出力する。判定が誤っていた場合は手動で修正できる。映像情報のみで判定するためユーザーは専用の機器を使う必要はない。

事故形態判定画面のイメージ
(出所:セイコーソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在は取り込んだ録画データから状況を判定しやすい簡易事案が対象だが、将来は速度の算出や一方通行などの道路の優先判別、相手側の信号機の有無・色の判別などの機能を拡充し、幅広い事故形態での利用を目指す。機能の拡充は「顧客の要望に合わせた時期、内容でアップデートを計画している」(同社)という。