コニカミノルタは2021年5月19日、地方自治体の業務プロセス改革(BPR)を支援するクラウドサービスの提供を7月1日に始めると発表した。約600の自治体が利用するトラストバンクの自治体専用チャットツール「LoGoチャット」と連携するなどして、初年度に100自治体への導入を見込む。

 新サービスの名称は「Govchois(ガバチョス)」。インターネットのほか、自治体職員が利用する行政機関専用のLGWAN(総合行政ネットワーク)経由で利用できる。自治体ごとに業務量や業務手順書を「見える化」し、従来職員が担っていた業務の自動化や職員以外への業務移管の推進を支援する。

 具体的には、業務手順書の作成や業務フローの自治体間の比較、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)やAI-OCRなどのICTツールを活用できる業務の洗い出しなどが可能だ。これまでに連携した全国50以上の自治体で実施した全庁業務量調査データを基に、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を支援する。

ガバチョスのサービス概要
出所:コニカミノルタ
[画像のクリックで拡大表示]

 利用料金は検討中。トラストバンクを傘下に持つチェンジと連携することで、「2年くらいで1000自治体での利用を目指す」(コニカミノルタの自治体DX推進部長の別府幹雄氏)とした。