米Google(グーグル)は2021年5月18日(現地時間)、年次カンファレンスの「Google I/O」で「Google Workspace」の新機能であるSmart Canvasを発表した。文書作成アプリケーションDocsの画面でビデオ会議のMeetを開いたり、文書中に記述したタスクを特定のメンバーにアサインしたりできるようになる。

Docsでビデオ会議を利用している画面
出所:米グーグル
[画像のクリックで拡大表示]

 Smart Canvasで想定するのは、新規プロジェクトの立ち上げ会議などで使う文書への適用だ。業務項目を列挙しながら、その業務を担当するメンバーをアサインしたり関連する他のドキュメントや会議をリンクしたりする。具体的にはチャットのメンションのように「@」を入力すると、アクセス可能なメンバーが表示され、選択することでリンクが設定される。メンバーだけでなく既に作成済みのドキュメントや設定済みの会議なども「@」を入力すると提示される。

Smart Canvasでメンバーをアサインしたり、文書を設定したりしているところ
出所:米グーグル
[画像のクリックで拡大表示]

 それぞれのメンバーのリンクにカーソルを重ねると、メンバーの部署や役職、スケジュールを画面遷移せずにその場で確認できる。そのままメールやチャット、ビデオ会議を始めることも可能だ。ドキュメントからメンバーを呼び出してビデオ会議を始めると、ビデオ会議の相手と顔を合わせながらドキュメント編集したり議論したりできるようになる。

 Google Workspaceは従来G Suiteの名称だったサービスで、表計算のSheetsやプレゼンテーションのSlidesなどオフィスソフトのほか、電子メールのGmailやストレージサービスのGoogle Driveなどを提供する。Smart Canvasの機能はまずDocsで有効になり、数カ月以内にSheetsにも実装される予定だ。