リクルートは2021年5月19日、新社屋事務所内に同日開店した社員向けコンビニ「BeeThere Go」でAI(人工知能)を使ったレジ無しの会計を可能にするシステムを導入した。富士通が同日発表した。来店客のレジ待ち時間を無くすとともに、売り上げ確認や価格変更といった従業員の作業の削減にもつなげる。

 店舗の利用には、富士通が開発したBeeThere Goアプリを事前にダウンロードしてクレジットカード情報を登録しておく必要がある。入店の際、アプリに表示されたQRコードを入り口のセンサーにかざす。こうすることで、客の入店後の動きや手に取った商品に関するデータが店内のカメラや棚のセンサーなどで収集される。クラウド上へ送られたデータをAIが分析・処理することで購入商品を判別する仕組みだ。

 来店客は欲しい商品を手に取って店を出るだけで、自動で決済が完了する。退店後にスマホに送られる電子レシートで購入履歴を確認できる。レジ待ち時間がなくなり、従業員などとの接触による新型コロナウイルス感染のリスクも下げられる。

 店舗側はシステム利用により管理画面で月や週、日ごとの売り上げ確認ができるほか、電子棚札を使って商品の価格変更が素早くできる。従業員の値札張り替えなどの作業を省力化し、売れ筋商品の分析や売り上げに応じた柔軟な価格変更ができるという。

■変更履歴
記事公開当初、店舗の所在を「新本社」としていましたが、正しくは「新社屋事務所」でした。おわびして訂正します。本文は修正済みです。[2021/05/19 16:45]