定型的なパソコン作業をソフトウエアのロボットで自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールなどを手掛ける米ユーアイパスの日本法人、UiPathは2020年5月27日、新しいサービスや製品を発表した。RPAのソフトロボの開発や運用ができるクラウドサービスや、RPA初心者向け開発環境などの販売を同日に始めた。

 新製品発表会でUiPathの長谷川康一CEO(最高経営責任者)は「ビジネスパーソン1人ひとりがロボットを使い倒せるようになることと、AI(人工知能)を組み込んだOCR(光学的文字認識)であるAI OCRやワークフローなどをRPAに組み合わせていくことで、在宅勤務でも高いパフォーマンスで成果を出せる次世代の業務を構築できる。今回発表したサービスや製品によって新しい働き方を実現できる」と説明する。

 新たに提供を始めたのは「UiPath Automation Cloud」と呼ぶクラウドサービスだ。このなかでソフトロボの運用管理ができる「UiPath Orchestrator」のクラウド版の国内販売をまず始めた。在宅勤務などでもソフトロボの管理ができるようにする。

UiPath Automation Cloudの説明資料
(出所:UiPath)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、販売を始めたソフトウエアは、RPA初心者向けの開発環境である「UiPath StudioX」だ。開発画面をシンプルにしてマウス操作できるようにしたり、RPA初心者には難しい変数を使わずに、Excelのセルを変数代わりに使って開発したりできるようにした。

UiPath StudioXの説明資料
(出所:UiPath)
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか、社内で自動化したいRPA案件やRPA開発プロジェクトなどを管理する「UiPath Automation Hub」、自動化する仕事を見つけられるように業務システムのログデータなどを基に業務プロセスを分析する「UiPath Process Mining」の販売も始めた。いずれもクラウドサービスとして提供するが、UiPath Process Miningはソフトでも提供していく。