米マイクロソフト(Microsoft)は2020年5月27日(米国時間)、Windows 10の最新大型アップデート「Windows 10 May 2020 Update」の配布を開始した。

 この新バージョンで、パーソナルアシスタントの「Cortana」は単独のウィンドウで表示されるようになり、対話UI(ユーザーインターフェース)はチャットベースのものに変わった。セキュリティー面では、Microsoftアカウントによるパスワードを使わないサインインを有効にできるようになった。

 さらに仮想デスクトップへの名前付け、Bluetoothペアリングの簡略化、テキストカーソルの視認性向上、「ナレーター」機能を使ったメールの読み上げの改善などの強化を図った。Windows 10上でLinuxを起動できる「Windows Subsystem for Linux(WSL)」も新版のWSL 2になっている。

Windows 10 May 2020 Updateの新機能や入手方法が掲載された米マイクロソフトのブログ
(出所:米マイクロソフト)
[画像のクリックで拡大表示]