華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2020年6月2日、スマートフォン3モデルを発表した。

ファーウェイが5Gスマホ「HUAWEI P40 Pro 5G」などの新製品を発表
(撮影:山口 健太)
[画像のクリックで拡大表示]

5G対応のフラグシップスマホ「P40 Pro 5G」

 オンラインで開いた発表会には、ファーウェイデバイスの楊涛(ヤン・タオ)日本・韓国リージョンプレジデントが登壇。これまで同職を務めてきた呉波(ゴ・ハ)氏に代わり、日本における端末事業を統括していくことを明らかにした。

ファーウェイデバイスの楊涛日本・韓国リージョンプレジデント
(出所:ファーウェイ)
[画像のクリックで拡大表示]
日本・韓国リージョンプレジデントを退任し中国本社に異動になった呉波氏
(出所:ファーウェイ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ファーウェイのグローバルでの業績は、2020年第1四半期の売上が1822億人民元で前年同期比プラス1.4%、スマホの出荷台数は世界第2位だったという。

 国内向けのフラグシップスマホは、「HUAWEI P40 Pro 5G」を発表した。カメラや写真、動画撮影にフォーカスしたPシリーズの集大成と位置付けた。

HUAWEI P40 Pro 5G
(撮影:山口 健太)
[画像のクリックで拡大表示]

 光学5倍の望遠カメラを搭載する。AIを活用した撮影機能として、複数の写真を合成して画質を高める「XD Fusion画像エンジン」、ベストショット1枚を選ぶ「ベストモーメント」、映り込んだ通行人を除去する機能、ガラスの反射を除去する機能を備える。

光学5倍の望遠カメラなどクアッドカメラを搭載
(出所:ファーウェイ)
[画像のクリックで拡大表示]

 プロセッサーには「Kirin 990 5G」、8Gバイトのメモリー、256Gバイトのストレージを搭載する。デュアルSIMスロットは「NMカード」によるストレージの拡張にも対応し、eSIMも利用できる。

 日本向けモデルの本体カラーは「シルバーフロスト」と「ブラック」の2色。2020年6月12日に発売する。市場想定売価は10万8800円(税別)。

HUAWEI P40 Pro 5Gの主な仕様
(出所:ファーウェイ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。