NTTデータは2020年6月11日、グローバルでデジタル技術の情報を集約するための組織「CoE(センター・オブ・エクセレンス)」を、新たに3領域で立ち上げたと発表した。新たに加えたのは「IoT(インターネット・オブ・シングズ)」「インテリジェント・オートメーション」「ソフトウエア・エンジニアリング・オートメーション」の3つで、同社のCoEは合計7領域になる。

 CoEは同社グループ全体を横断した仮想的な組織で、最先端の技術や知見を集約し、高度な専門人材を育成する狙いがある。同社は2019~21年度の中期経営計画で、グローバルなデジタル事業強化策の柱の1つにCoEを掲げており、既に「ブロックチェーン」「デジタルデザイン」「アジャイル/DevOps」「人工知能(AI)」の4領域でCoEを設けている。 

 今回設立した「IoT CoE」はドイツのグループ会社アイデリジェンス(itelligence)を中心に9カ国・10拠点の約20人の体制で始める。「インテリジェント・オートメーション CoE」は米NTTデータ・サービシズ(NTT DATA Services)を中心に8カ国・約20人の体制で開始し、「ソフトウエア・エンジニアリング・オートメーション CoE」はスペインのグループ会社エヴェリス(everis)を中心とした7カ国・約70人の体制で取り組むという。「CoEが存在する7領域で、2022年3月までにグローバルの受注累計1000億円への貢献を目指す」(NTTデータ広報)としている。