IDC Japanは2022年6月14日、国内のクラウドサービス市場規模に関する予測を発表した。2021年の国内クラウド市場は4兆2018億円と、前年比34.7%増えた。同社は2026年の市場規模は2021年の約2.6倍にあたる10兆9381億円になると予測した。IDC Japanは市場の成長をけん引するパブリッククラウドの利用増加の背景として、クラウドの利用を優先的に検討するクラウドファーストの戦略が企業に浸透したことなどを挙げた。

IDC Japanが発表した国内クラウド市場の用途別売上額予測
IDC Japanが発表した国内クラウド市場の用途別売上額予測
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 2021年のクラウド市場は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で成長がやや鈍化した2020年から大きく回復した。中でも成長をけん引したパブリッククラウドに関しては、IDC Japanの2021年5月時点の予測を大きく上回ったという。要因はクラウドファーストの浸透に加え、従来システムを運用していたオンプレミス(自社所有)環境からクラウドへの移行プロジェクトの期間短縮や、サービスベンダーによる人員拡充などを挙げる。

 国内でデジタルトランスフォーメーション(DX)やデータ駆動型ビジネスへの関心が高まったこともパブリッククラウド市場が急成長した理由の1つだ。「DX/データ駆動型ビジネス」に関する市場は2021年に1兆円を越え、IDC Japanは今後の国内クラウド市場の成長をけん引するのはDX/データ駆動型ビジネスだとしている。一方で同社はクラウドサービスを効果的に活用するにはアーキテクチャーへの理解や技術が必要と指摘。ベンダーはサービスのエコシステムを強化して、ユーザー企業がシンプルにサービスを導入できる環境を整備すべきだと述べた。