NTTデータは2020年6月18日、人流データの解析サービスなどを手掛けるunerry(ウネリー)との資本業務提携を発表した。NTTデータがunerryに出資し同社株を保有する。出資額や保有比率は公開していない。

 提携締結は2020年4月15日付。主な提携の狙いは、人の移動や外出先でのサービス利用に関わる社会課題を解決することとしている。その第1弾として、2020年6月18日からスマホ向けアプリ「おでかけ混雑マップ」の提供を始めた。全国のスーパーやドラッグストアなど約2万8000店の混雑状況を曜日別や時間帯別で調べられる。同アプリはNTTデータのTwitterデータ活用サービス「なずき」と連携しており、該当店舗に関するユーザーのツイート情報も表示して、詳細に状況を把握できるようになっている。