NTTグループは、従業員の勤務形態を原則としてテレワークとする新制度を2022年7月1日から導入する。まず持ち株会社のNTTやNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、NTTデータなどの主要会社から導入する。

 当初は約3万人を対象とする。テレワークを原則とする部署は各社で決める。まずは人事や総務といった間接部門や企画、システム開発などテレワークに向く部署が対象となる見込みだ。

 新制度では、従業員の居住地の制限もなくす。従来は「通勤時間が2時間程度」という制限があったが、国内のどこにでも居住して勤務できるようになる。出社が必要な場合は、出張扱いとして航空機を利用した出社も認める。日付をまたぐ場合は、宿泊費も会社が負担する。