NTTぷららは2021年7月2日、最大800万件に上る顧客の個人情報が流出した可能性があると発表した。機器の配送を委託しているNTTロジスコのサーバーが不正アクセスを受けた。サーバーのファイルが消失していることが分かり、配送情報を扱うフォルダーに侵入された形跡があったという。

 流出した可能性がある個人情報は2009年8月13日~2021年6月28日までに「ひかりTV用セット・トップ・ボックス」やハードディスクドライブ、ルーター、スマートスピーカーなどの配送先情報に含まれていた名前や住所、電話番号、契約番号など。クレジットカードや金融機関の口座情報などは含まないという。

 同社によると2021年7月1日午前9時すぎに、配送業務を委託しているNTTロジスコから連絡を受けた。個人情報の流出が明らかになった場合、書面で対象顧客に連絡するという。NTTロジスコに委託している配送業務や、業務を処理しているNTTロジスコのサーバーは全て停止した。