日本オラクルは2021年7月8日、事業戦略説明会を開き、2022年度(2021年6月~2022年5月)は基幹システムのクラウド移行に注力する意向を示した。三沢智光社長は「クラウドトランスフォーメーションをさらに加速できる一年になると確信している。ITベンダーとしてお客さまにアドバイスできる会社になっていきたい」と意気込みを語った。

事業戦略を説明する三沢智光社長
(出所:日本オラクル)

 2022年度に注力する領域として4つ挙げた。「デジタルトランスフォーメーションの加速」「ミッションクリティカルなシステムのクラウド化」「次世代社会公共基盤の実現支援」「パートナー・エコシステムの拡充」――である。2つ目の「ミッションクリティカルなシステムのクラウド化」については、クラウド移行を支援する新サービス「Oracle Cloud Lift Services」を提供する。同社が持つクラウド移行ノウハウを活用し、パフォーマンス分析やアプリケーション設計、試験移行などを支援するサービスで、同社のIaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)である「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」上にシステムを移す顧客に追加費用なしで提供するという。

 基幹システムのクラウド移行の現状について三沢社長は「基幹システムの安易なクラウド化による弊害が起こっている」と指摘。「基幹システムの特性を無視して汎用的なクラウドサービスに移行することでアプリケーションの開発コストが膨大になるケースもある」(三沢社長)。OCIを活用すればそうした弊害を解消できるとし、野村総合研究所や家電量販のエディオンが基幹システムをOCI上に移行した事例を紹介した。