日立ソリューションズは2021年7月14日、顔認証で社内外のシステムにアクセスできるようにする「Biometric Signature サインインソフトウェア」の販売を15日に始めると発表した。日立製作所の生体認証基盤技術と組み合わせることで生体情報を保存しない顔認証が可能となり、生体認証によるセキュリティー向上とプライバシー保護を両立できる。

 生体認証では保管される生体情報に対するセキュリティー対策やプライバシーへの配慮が課題となっている。日立製作所は、生体情報から認証に用いる秘密鍵を都度生成して利用後に破棄する「公開型生体認証基盤(PBI:Public Biometric Infrastructure)」という特許技術を持つ。生体情報を「一方向性変換」で復元困難なデータに変換して登録・照合するため、元の生体情報がどこにも保存されないのが特徴。これにより、生体情報の漏洩リスクを抑えられる。

 Biometric Signature サインインソフトウェアを導入すると、社員は顔認証だけでPCやシステムを使える。パスワード入力の手間やなりすましのリスクなどを低減できる。認証にはPC内蔵カメラなどを使い、スマートフォンやセキュリティーキー、ICカードといった外部認証装置への追加投資は不要だ。日立ソリューションズは今後、ゼロトラストネットワークの実現に欠かせない認証強化を図るため、PBIを使った認証ソリューションを幅広く提供していく考え。

 価格は個別見積もり。1000ユーザーの場合の参考価格はBiometric Signature サインインソフトウェアとPBIのセットで1ユーザー当たり月額450円とする。別途、初期費用がかかる。