NTTドコモは2022年7月13日、AR(拡張現実)の新サービス「XR City(エックスアール シティ)」を7月14日午前10時から提供開始すると発表した。専用アプリ「XR City」をダウンロードし、スマートフォンをかざすとその場所に合ったARコンテンツが表示される。アプリ利用者、施設の所有者や管理者、コンテンツ制作会社のそれぞれに価値のあるエコシステムの形成を目指す。

 XR Cityを自社保有施設などで展開したい事業者に向け、「XR City Platform」も提供する。XR City PlatformはVPS(Visual Positioning Service)に対応し、ARコンテンツ提供・課金・クーポン・広告といった機能を備える。これにより、事業者は簡単かつスピーディーにサービスを展開できるという。

 7月14日の提供開始と同時に、コロプラが提供する人気スマホゲーム「白猫プロジェクト NEW WORLD'S」とのコラボコンテンツを公開する。ゲーム内に登場するキャラクターやタウンがスマホ上に表示され、ゲームの世界に入り込んだかのような体験ができる期間限定コンテンツである。今後はさらに人気IP(知的財産)・キャラクターとの連携を進め、提供コンテンツの拡充を図る。

人気スマホゲーム「白猫プロジェクト NEW WORLD'S」とのコラボコンテンツの例。新宿中央公園で体験できる
人気スマホゲーム「白猫プロジェクト NEW WORLD'S」とのコラボコンテンツの例。新宿中央公園で体験できる
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 XR Cityを当初体験できる地域は、東京都新宿区の新宿中央公園、名古屋市のHisaya-odori Park、大阪市のHEP FIVE・ナビオ ダイニング・阪急三番街・阪急32番街 空庭Dining、福岡市のキャナルシティ博多など全国計7エリア。8月には東京ドームシティなど3つのエリアを追加する予定である。

 同社は2023年3月までに計15エリア、2027年3月までに計200エリア以上への展開を目指す。同社スマートライフカンパニーXR推進室の岩崎正典担当部長は「画期的なビジネス、サービスが生まれる未来のまちづくりにチャレンジしていきたい」と意気込む。