インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年7月9日、Web上で動くアプリケーションの保護に特化した「WAF(Web Application Firewall)」の機能をクラウドを介して提供する新サービスを始めると発表した。多様化するWebアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃から企業のWebサイトを守る。

IIJマネージドWAFサービスの利用イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 「IIJマネージドWAFサービス」を同日から提供開始する。米F5ネットワークスのWAFエンジンを採用。導入企業は攻撃状況などを専用画面で確認したり、IIJのエンジニアによる運用支援を受けたりできる。10Mビット/秒~1Gビット/秒までの幅広い帯域に対応し、通信量の変動に応じて契約内容を柔軟に変更できるとする。

 参考価格は帯域が10Mビット/秒、シングル構成/1FQDNの場合で月額税別15万4000円とする。このほか、新サービスを同社のDDoS対策やSOC(Security Operation Center)などの各種サービスと連携し、顧客企業の環境に合わせて包括的に導入する「Webセキュリティプラットフォーム」の提供も始めたと発表した。

Webセキュリティプラットフォームの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 「オリンピック・パラリンピックも迫る中、多くの企業の公開サーバーが危険にさらされている。IIJマネージドWAFサービスはWebセキュリティプラットフォームの中でキーコンポーネントとなる」。同社の近藤知憲セキュリティ本部先行戦略室シニア・プログラムマネージャーはこう力を込めた。

IIJの近藤知憲セキュリティ本部先行戦略室シニア・プログラムマネージャー
[画像のクリックで拡大表示]