日本IBMは2022年7月15日、三菱UFJ銀行の営業店におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援したと発表した。顧客が来店時にタブレットを使って口座を開設できる新サービスを米Amazon Web Services(アマゾン・ウェブ・サービス)のクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」上に構築し、一部店舗で利用を始めた。

 新サービスの「タブレット口座開設」は、店舗に設置したタブレット(iPad)を顧客自身が操作し、その場で普通預金の新規口座を開設できるというもの。既に一部店舗が先行導入しており、導入店舗を順次拡大する予定だ。

 日本IBMによると、2021年2月からUI(ユーザーインターフェース)やUX(ユーザーエクスペリエンス)の検討を始め、約1年でシステム構築まで完了した。OCR(光学式文字読み取り)や本人確認にeKYC(electronic Know Your Customer)などを使い、最短10分で口座を開設できるという。

 タブレット口座開設はAWS上に構築し、店舗やインターネットバンキングなどチャネル横断で再利用できるアーキテクチャーを採用している。日本IBMはシステム構成を最適化できるため、システム開発やメンテナンスにかかるコストを削減できるとしている。