NTT東日本は2022年7月25日、「地域エッジクラウド」の提供を同日に開始したと発表した。

地域エッジクラウドの提供開始
地域エッジクラウドの提供開始
(出所:NTT東日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTT東日本は、地域の情報を地域エッジで効率的に収集・分析し、それらをセキュアーに流通させることで地域社会全体でデータを共有・活用、様々な分野における地域活性化を目指す「REIWAプロジェクト」を推進している。同プロジェクトの一環として、地域エッジクラウドを開始した。

 地域エッジクラウドは、NTT東日本のデータセンターにマイクロソフトのパブリッククラウド「Microsoft Azure」と同様のGUIを使用した「Microsoft Azure Stack Hub」基盤を配備し、格納するデータの所在を明確にした地域のクラウドサービスとして提供する。地域のユーザー事業者のネットワークとIP/VPNの閉域網や学術情報ネットワークと接続することで、高セキュアー化や低遅延化を図った形でクラウドサービスを利用できるできるようにする。

 今後、今回のサービスの提供を皮切りに、NTT東日本のアプリケーションに加えてNTTグループや他社アプリケーションを地域エッジクラウド上に組み込むことで、機能を拡充していく。

発表資料