エーザイとディー・エヌ・エー(DeNA)は2020年7月28日、食事や睡眠の内容を入力することで脳の健康度合い(ブレインパフォーマンス)をスコアリングするアプリケーションの提供を開始した。日常生活でブレインパフォーマンスを継続的に測定することで認知症の予防につなげる。記憶力や思考力、判断力など脳の健康への関心が高い40代以上のビジネスパーソンをメインターゲットとする。

 アプリの名称は「Easiit(イージット)」。利用者が歩数、食事、睡眠、体重の4項目を入力すると、アプリがブレインパフォーマンスのスコアを算出する。エーザイとDeNAは世界保健機関(WHO)が認知症の発症に関連すると挙げている12項目の中から、生活者が日常生活で比較的容易に変えやすい4項目を選んだ。米アップルがiOSに搭載しているヘルスケアアプリやウエアラブル端末などとデータを連携できるという。

「Easiit(イージット)」の画面例
(出所:DeNA)
[画像のクリックで拡大表示]

 同日に開催した会見でエーザイの内藤景介執行役 ディメンシアトータルインクルーシブエコシステム事業部 プレジデント兼チーフデジタルオフィサーは「日常生活においてEasiitを用いて認知機能を測定し可視化する。生活者と医療機関の橋渡しをするアプリとして、生活者と医療関係者の両方に支持されるサービスを目指す」と語った。

 アプリを継続して使ってもらう工夫としてDeNAの瀬川翔執行役員 ヘルスケア事業本部長は「個人の生活状況に応じて歩数などの目標を小刻みに設け段階的にステップアップする仕組みを取り入れた」としている。目標を達成すれば「Easiitマイル」がたまり、iTunesや日本航空など提携先のポイントに変換できる。今後は家族間でアプリのデータを連携し、家族と一緒に認知症の予防に取り組める機能も追加するとした。